本文へジャンプ
不審者の声かけに注意しましょう

 犯罪者は、「アメをあげるからついてきて」「こっちにおいでよ」などと声をかけ、言葉巧みに子どもたちに近づいてきます。
 保護者の方は、子どもたちが誘拐等の重大事件に巻き込まれないために、日頃から不審者に遭遇した場合の対処法についてご指導をお願いします。

● 登下校時は複数で、人通りの多い明るい道を歩きましょう。
● 防犯ブザーやホイッスルを必ず持たせましょう。
● 知らない人には絶対に付いて行かないようにしましょう。
● 一人で遊ばないようにしましょう。
● 遊びに行くときは、「どこで」「誰と」遊んで、「何時頃帰る」のかを必ず家族に伝えてから
 出かけましょう。
● 留守番時どんなことがあっても絶対にドアを開けさせないようにしましょう。
● 「こども110番の家」を子どもと一緒にいくつか場所を確認しておきましょう。
● 日頃から親子のコミュニケーションをとりましょう。

 いて行かない
 
 んなと、いつもいっしょ

 でかけるときや、何かあったときはちんと知らせる

 知らない人に連れていかれそうになったら、おごえで助けをよぶ

 こわいとおもったらすぐにげる

イカ 行かない    知らない人について行かない

  乗らない    知らない人の車に乗らない

  大声でさけぶ  「助けて」と大きな声でさけぶ

  すぐにげる   こわかったら大人のいる方にすぐにげる

  知らせる     どんな人が何をしたか家の人に知らせる
つみきおに
イカのおすし