本文へジャンプ
ひったくり被害にあわないために
○ 明るく人通りのある道を歩きましょう。
○ 人通りの少ない道を通るときは、バッグを胸に抱えるようにしてしっかり持ちましょう。
○ 手荷物は、車道の反対側に持ちましょう。
○ 自転車は、前かごにひったくり防止のネットやカバーをつけましょう。
○ 自転車やオートバイから追い越されるときや、二人乗り、Uターンしてくるオートバイ
 には気をつけましょう。
○ 注意力がなくなるので歩きながら携帯電話を使用しないようにしましょう。
○ 金融機関等で現金をおろした後は狙われやすいので、気をつけましょう。

このように、犯罪者に隙を与えないように、わずかな工夫をするだけでも、十分に被害を防ぐことができます。